GitHubでForkしてPull Requestを作成する手順をシンプルに解説

CODE

ForkしてPull Request作りたい人「Git Hub上でForkしてPull Requestを作成したいけど難しそうだしよくわからないな。」

こんな人に向けて、GitHub上でForkしてPull Requestを送るまでをシンプルに解説します。

もくじ

  1. GitHubで対象のリポジトリをForkする
  2. ローカル環境へcloneする
  3. 新規ブランチを作成する
  4. ファイルの修正をしコミットする
  5. 修正したファイルをGitHubへpushする
  6. GitHub上でPull Requestを作成する

GitHubでForkしてPull Requestを作成する手順をシンプルに解説

画像付きで解説します。
手順解説しつつ、ちょくちょく用語解説もしますので参考にしてみてください。

手順①:GitHubで対象のリポジトリをForkする

GitHub上でForkしたいリポジトリのページへ移動し、右上にあるForkボタンをクリックします。これで、自分のGitHubアカウントにリポジトリの複製を作る事ができます。

手順②:ローカル環境へcloneする

複製したページで、clone or downloadをクリックして、その中にあるURLをコピーします。ターミナルを開いて下記を実行。

$ git clone コピーしたURL

これで、ローカル環境にクローンしたフォルダが作成されます。

手順③:新規ブランチを作成する

ターミナルでクローンしたフォルダに移動($ cd フォルダ名 で移動可能)して、下記を実行。

$ git checkout -b develop

このコマンドで、developというブランチが作成されます。もし、今いるブランチがわからなくなった場合は、$ git branchで今いるブランチを確認する事ができます。

手順④:ファイルを修正しコミットする

Gitには①作業ディレクトリ、②ステージングエリア、③Gitディレクトリがあり、編集したファイルをGitディレクトリまで移動する事で、GitHubにプッシュできるようになります。

developブランチで編集したファイルを

$ git add 編集したファイル名

でステージングエリアに移動。次に、

$ git commit -m ‘コミットメーセージ’

これでGitディレクトリまで移動する事ができ、GitHubにプッシュする準備ができました。

修正したファイルをGitHubへプッシュする

$ git push origin develop

これでGitHubにファイルを渡す事ができます。developの部分は、③で作成したブランチ名を記入します。

GitHub上でPullRequestを作成する

GitHub上でForkしたリポジトリにアクセスし、右上のCompare & pull requestという緑色のボタンをクリックします。すると下記の画面になるのでマージ先を設定します。

マージ先を設定したらどういった変更をしたのか記入して、Create pull requestボタンを押します。

下記のような画面が表示されれば完了です。

流れを覚えたら、他のGitコマンドも覚えていくと勉強になるのでオススメです^ ^